大人のジーンズはトレンドよりも清潔感が大切?ジーンズ選びのポイント6選

LINEで送る
Pocket

若い頃はコーディネートの主役として活躍したジーンズも、30代から40代になるにつれて活用の仕方が変わってきます。

 

お洒落感度の高い方であれば、主にコーディネートのカジュアルダウンに用いる事が多くなってくるのではないでしょうか?

 

コーディネートのバランスがちょっとドレスに寄り過ぎた時や、カジュアルな場所に行く時にとても重宝するアイテムなんですね!

 

そんな大人になっても活躍するジーンズなのですが、購入する際に意識しなければいけない点がいくつかございます。

 

今回は、そんなジーンズ選びに欠かせないポイントを見ていきましょう!

 

 

ジーンズを選ぶ際のポイント

 

ジーンズは生地も丈夫で、ちゃんとしたものを購入すれば長く愛用する事ができるアイテムです。

 

愛着を持って大切に着る為にも、購入する際の失敗は避けたいですよね!

 

以下の6つのポイントに注意しながら選べばジーンズ選びで失敗するリスクをかなり減らす事ができますので、是非参考にしてみてください。

 

 

シルエット

ジーンズに限らずボトムス選びで1番大切と言っても過言ではないのがシルエットです。

どんなに高いものを購入したとしても、ここが自身の体型に合っていなければ素敵には見えないんですね!

脚を細く見せようと購入したスキニーパンツも、合わないシルエットのものを無理して穿いてしまったら、膝上の肉を拾いかえって足が太く見えてしまう事もございます。

自身の脚のラインに合うシルエットのアイテムを選ぶ事が最も大切という事を覚えておきましょう!

 

 

清潔感

大人のジーンズ選びに欠かせない要素が清潔感です。

若い頃に違和感無く穿けていた激しい加工が施されたものを大人が穿くと、清潔感とは程遠い雰囲気になってしまいます。

なるべくシンプルで上品なデザインのものを選べば間違いありません。抵抗がなければホワイトはお勧めですよ!

清潔感とお洒落な雰囲気を同時に漂わす事ができるカラーです。

ただ、ホワイトは汚れが目立ちやすいというデメリットもございますので、まずは容易に買い換える事ができるプチプラのジーンズをお勧めします。

シルエットさえ妥協しなければ安価なものでも様になります!

 

 

素材

意外と軽視されがちなのが素材なのですが、肌の質感によって合う合わないがあるんですね!

筋肉質で肌質に張りのある方は肉を拾いやすいので、少し固めでストレッチの少ない素材がお勧めです。

逆に筋肉が少なく肌質が柔らかい方は、ストレッチが多く入った柔らかめの生地の方がきれいに着こなす事ができます。

単純に穿き心地重視であれば、ポリウレタンが2%くらい入ってるものがお勧めです。

 

 

色選びのポイントは、カジュアルに着たいかきれいめに着たいかです。

カジュアルに着たいのであれば、洗いがかっているものや、わざと色褪せさせた色の薄い物がお勧めです!

明るめの色になりますので、季節感を意識するなら春夏にも重宝しますね。

きれいめに着たいのであれば、リジットデニム(ノンウォッシュ)や色の濃いものを選びましょう!

 

 

ポケットの位置

ポケットの位置によっておしりが垂れて見えたり、横に広がって見えたりするのをご存知でしょうか?

実はポケットの位置は後ろ姿を左右する重要なポイントなんですね!

また、過剰なステッチや装飾が施されたアイテムはトップスの選択肢を狭めてしまいますので注意が必要です。

ジーンズを選ぶ際は、必ず鏡で後ろ姿もチェックしましょう。

 

 

クラッシュ

最近はヴィンテージ加工やクラッシュ加工のアイテムが多く出回る様になってきていますが、過剰な加工が施されたアイテムはなるべく避けるようにしましょう。

加工されたアイテムは装いのマンネリから脱却する為に有効なのですが、あくまで下品に見えない程度のものを選ぶのがポイントです!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしようか?

 

今回は大人のジーンズ選びにおいて欠かせないポイントを6つお伝えしたのですが、その中でもシルエットと清潔感はとても大切です。

 

トレンドを気にし過ぎてしまうとないがしろにされやすい点でもありますので、新しいジーンズを購入する際は今回お伝えしたことを是非意識してみてください。

 

じっくり悩んで選んだアイテムはやはり愛着が沸きますし、着ていてテンションも上がりますよね(*^^*)

 

どんなに安いアイテムを購入する時でもこの感覚は大切です!

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket