Vネックと丸首どっちがいいの?大人メンズのTシャツを上手に使う方法とは?

LINEで送る
Pocket

これからの季節、Tシャツ(ロングTシャツを含む)を使う機会が増えますよね!

 

物によっては秋口まで使えるので、かなり重宝すると思います。

 

このTシャツなのですが、Vネックとクルーネックのどちらを選べばいいのか迷った経験はございませんか?

 

どんなアイテムに合わせて使えばいいのかわからないという場面もあるはずです!

自分がなりたいイメージに合わせて使い分けるのがベストなのですが、その際の注意点も踏まえながら上手な使い方を順ご説明していきますので、是非参考にしてみてください。

 

 

各ネックの特長

まず、丸首はカジュアル系で、Vネックはきれいめ(ドレス)よりな雰囲気を作りやすいという事を覚えておきましょう!

 

この特長を理解した上で、その日のコーディネートに合わせて使い分けるのがお勧めです。

 

 

選ぶ際の注意点

Vネックを選ぶ際は、開きが深い物は避けた方が無難です。

 

雰囲気的にもセクシーな感じになりやすく、似合う人は限られますので、一歩間違えるとキザな印象を与えてしまいます。

 

他には丸首のクルーネックと、それに似た感じでUネックというのもございますが、こちらも開きが深いものが出回っていますので、大人な男性は避けた方がいいですね!

 

過度な露出は似合う人を選びます。

 

どれにするか迷った際は、自身の雰囲気に合わせて丁度いい深さの物を選びましょう!

 

 

ネックによる視覚的な効果

丸首はVネックに比べて首がつまって見えるので、首が長い人や細身の人にはバランスが取りやすいアイテムと言えます。

 

反対に首が短い人や身体ががっしりした人は、丸首にするとそれが目立ってしまう事があるんですね。

 

そんな時は、Vネックで首元をスッキリ見せる事が出来ますので、自身の体型を見ながら選ぶのもお勧めです!

 

 

Tシャツの単品使いは避けよう

Tシャツはカジュアル度が非常に高いアイテムですので、大人の男性がこれを使う際は単品で使わない方がいいです。

 

Tシャツにデニムとスニーカーというオーソドックスなスタイルは構築しやすい反面、きれい目な要素が一つもないので、これで素敵に見せるのは難しいんですね。

 

学生等の若い世代であれば着こなせてしまう事もありますが、きれいめなアイテムと組み合わせた方がよりお洒落に見せる事ができます。

 

お勧めの組み合わせは、シャツやジャケットのインナーとして使う方法です。

 

どちらもきれいめなアイテムですので、とてもバランスが取りやすいですよ!

 

特に大人の男性は二の腕はあまり出さない方がいいので、Tシャツを単品で着るのはお勧め出来ません。

 

ジャケットやシャツを上にサラッと羽織るだけでも、単品で着るより素敵に見せる事ができますよ。

この時に、全体のコーディネートのバランスを見ながら丸首かVネックかを選べるようになれればベストです!

自身の体型の特徴を見ながら選ぶのが難しい場合は、

「コーディネートの雰囲気をカジュアルよりにしたいなら丸首」

「よりきれいめにしたいならVネック」

 

という基準で選んでもOKです。

 

 

まとめ

Tシャツは使いやすく、とても重宝するアイテムなのですが、ネックの特徴や使い方を理解しておくだけでも、より効果的に使う事ができます。

 

その為にも、カジュアルやきれいめのバランスや、自身の体型との相性を考えながら選べるようになる事が大切ですね。

 

Tシャツを使ったコーディネートでは、上にジャケットやシャツを合わせるとより素敵に見せる事ができるという事も覚えておきましょう! 

 

誰もが身につけるとても身近なアイテムだからこそ、その使い方を知っているだけでも周囲と差をつける事ができますよ。

 

今回はホントに基本的な事をお伝えしましたが、Tシャツを着る上で大切なポイントですので、今後のコーディネートの中で是非意識してみてください!

 

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket