年代別 メンズスーツの選び方

LINEで送る
Pocket

今回は年代別スーツの選び方についてご紹介していきます。

 

20代、30代、40代の働き世代のスーツはどんなものを着たらより良いのか、柄や素材感はどんなものにしたら雰囲気が出てくるのかも書いていきたいと思います。

 

スーツは男性のいわば戦闘服です。
スーツ着れいればなんでも良いというわけではありません。

 

しっかりとその年代に相応しい装いを身に纏い、自分の価値をより高めてくれる物を選んでいきましょう。

 

◆20代◆

若さや新鮮味がポイントとなる20代のビジネスマンのスーツ色柄は、ベーシックなネイビーかグレー、柄は王道のストライプを選ぶとその良さが引き立つでしょう。

もし少し高めのスーツを選びたい場合は(春・秋・冬)と3シーズン着れるスーツがおすすめです。

派手さを抑えた濃淡なネイビーカラーで、若さを生かしながらも清潔感のあるものですとなおいいです。
20代後半になってきたらグレーカラーで、全体的に大人の雰囲気を演出していくのもありだと思います。

 

基本的に白シャツに合わせることで、全体的にフレッシュな印象になります。

 

また、色鮮やかなカラーは無地でメリハリをつけ、定番のストライプ柄などは、ブラックや少し濃淡なスーツに合わせると派手さを抑えることができますよ。

 

若さやこれからの可能性を存分に認めてもらえるように、はきはきと勢いのある印象を持たせて仕事で活躍できるといいですね!

 

 

◆30代◆

 

誠実さや信頼感、フレッシャーズにはない落ち着きを見せていきたい30代。

 

スーツやジャケットも光沢感を控えた物を選んでいき、色や柄を使ったものを取り入れていけたらベストです。

 

脱フレッシャーズのためにもこなれ感やあかぬけ感、そして素材感を出していきましょう。

 

さりげないチェック柄やストライプ柄も、起毛感のあるネイビーやチャコールグレーに合わせて控えめながらも品よく着こなせるといいですね。

 

柄を吟味する事で、フレッシャーズ感までではないけど若くみえるようなビジネススーツ、反対にオトナな雰囲気が増すビジネススーツなど、柄にこだわる事で自分の見た目を演出する事が出来ます。

 

また柄によってはスーツの色との相性もありますので、スーツの色、シルエット、柄を総合的に見ながら選ぶようにしましょう。

 

そして普段使い用でしたら30代であればブラウンやベージュはまだ手を出さなくてもいいと思います。

 

ネクタイなどのアクセントカラーを変える事でもバリエーションの幅もかなり広がってきますよ。

 
これからの会社を担うしっかりとしたポジションを得るためにも装いでの見せ方は欠かせないです。

ほどよい爽やかさも忘れずにしっかりと存在感も出していけるといいですね。

 

 

◆40代◆

 

貫禄や安心感が鍵となってくる40代。
管理職として部下を率いて会社を引っ張る存在となってきます。

 

「彼は欠かせない存在だ」と思ってもらえるよう、存在感のある装いが重要になってきます。

立場に相応しい品格を意識していきましょう。

 

そして、この年代ですと取引先としてお会いする相手方の役職も上がってきますので、相手方にとって失礼のない身だしなみ、相手を気遣う身だしなみが求められます。

 

第一印象で「この人は取引先、担当者としてふさわしい人物」であると感じてもらえるような落ち着きのある装いをしていきましょう。

 

威厳のあるリーダー各に見せるためにも織りの密度が高く、持ったときにしっかりとした手応えのある英国調のヘビーウエイト生地がオススメです。

ダブルの3ピースでさらに威厳を見せる事もできます。

 

ほのかに茶色をイメージさせるグレーで英国調のオーラを纏いましょう。
ダークトーンは自信を感じさせる締まった装いに見えるのでとても良いです。

 

王道のブルー系も年相応の貫禄を示せるように厚手の生地で正統派なクラシック感を演出しましょう。

 

ネクタイやチーフもヴィンテージ調の柄で揃えればより格式高い雰囲気がでてきます。

 

威厳を持たせながらも会社や部下からの信頼も得られるような嫌味のない装いを心がけていけたらいいですよね。

 

 

 

最後に

 

それぞれにスーツを着る年代に応じて色使いや素材感が全然違ってきますが、自分がさらに上にいくステップだと考えて参考にして頂けると幸いです。

 

サイズ感や価格も妥協せず、自分に相応しく一番素敵に見えるものを選び、充実した日々を送れるといいですね。

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket