ショップの店員さんが苦手なら、積極的に話しかけてみよう!

LINEで送る
Pocket

新しい洋服を購入しようとショップに行くと、必ず店員さんに話しかけられますよね!

 

これが苦手な人は意外と多いのではないでしょうか?

 

ファッションの基礎知識があまり無かったり、自分に似合うスタイルが明確ではない場合ですと、必要の無い洋服まで購入してしまったり、店員さんに言われるがまま全身トータルで揃えたのにあまり似合わなかった。

 

という結果になってしまう事はよくあります。

 

こういった経験をする事によって、ショップの店員さんが苦手になってしまうケースは少なくありません。

 

しかし、ショップで気持ち良く買い物をする事を考えるなら、店員さんとはなるべくいい関係を構築したいですよね?

 

今回は、こんな悩みを解決する方法をお伝えしますので、是非参考にしてみてください。

 

 

ショップの店員さんは敵?それとも味方?

 

まず、ショップの店員さんはどの様な立ち位置で接客をしているのか把握しておかなければなりません。

 

私自身、服の量販店からセレクトショップ、ドメスティックブランド等、様々なジャンルの販売経験がありますが、それぞれ接客スタイルが異なる事に気が付きました。

 

そのスタイルは大きく分けて3つあります。

 

・ほぼ接客しないスタイル

UNIQLO、GU、H&M、しまむら etc…

量販店系ショップは、店員さんから話しかける事はほとんどありません。

 

店員さんは何をしているのかというと、主に商品管理やレジ、フィッティングルームへのご案内や、ズボンの裾上げ時のサポート等ですね!

 

店舗側も接客をしてを一点でも多く商品を売ろうというスタンスではないので、自分で買いたい服を選んで購入する事になります。

 

 

・程よい距離感で接客するスタイル

お客さんが探しているアイテムを聞き出して持ってきてくれたり、そのアイテムに合う商品を紹介してくれたりします。

 

この接客スタイルの店員さんといい関係が築ければ、自身のファッションに対するいいアドバイスがもらえたりします。

 

 

・ゴリゴリ接客して売上を上げるスタイル

 

某ファッションビルに入っているブランドはほとんどがこのスタイルですね!

 

体育会系の企業が多く、来店したお客さんに何か購入してもらわないと後で上司から怒られるケースが多いです。

 

店員さんも怒られたくないと思ってますし、個人の売上が上司や会社からの評価に繋がるので、洋服を一点でも多く購入してもらおうと(まとめ売り)必死です。

 

店内の服を手に取った瞬間に話しかけられる事が多いのが特徴ですね!

※来店したお客さんにすぐ話しかけないと怒られるのが原因

 

ショップでの代表的な3つの接客スタイルをお伝えしましたが、この事からも分かるように、自分の売上の事しか考えていない店員さんに当たってしまった場合は、あなたにとって味方とは言えないのではないでしょうか?

 

しかし、どのショップにも利益優先ではなく自分にとって有益なアドバイスをくれる店員さんはいます。

 

最近は昔ほど服が売れなくなって来ているので、店員さんの接客スタイルも徐々に押し売りではないスタイルに変わって来ているように感じますね!

 

 

自分に合ったショップを選ぶ

 

気持ち良く洋服を購入するには、自分に合ったショップを選ぶ事が最も大切です。

 

ファッションの基礎知識も自分のスタイルも無い状態で、ゴリゴリ接客スタイルのショップに入ってしまったら、楽しいはずのショッピングも不快なものになってしまいますよね!

 

こういったショップはどちらかというと、ファッションが得意な人向けです。

 

各ブランドによって様々なコンセプトがあり、独自の路線を貫いてる訳ですが、自分のテイストがそのブランドに合うのであればそこを選べばいいのです。

 

自分をしっかり持っていれば、ゴリゴリ接客されても必要なアイテムと必要でないアイテムの区別がつきます。

 

常連になれば、いち早く新作の案内やシークレットセールの情報をもらえたり、来店時に間違いないアイテムを紹介してくれるようになったりもするんですね!

 

あまりガツガツ接客されたくないのであれば、程よい距離感で接してくれるショップを選びましょう!

 

ユナイテッドアローズやトゥモローランド、エストネーションやエディフィス辺りのセレクトショップであれば、落ち着いて買い物が出来るはずです。

 

 

積極的に話しかける

 

店員さんの苦手意識を克服する最も効果的な方法は、とにかくコミュニケーションを取る事です。

 

沢山話しかけられて落ち着かないなぁと思ったら、「今はゆっくり洋服を見たいので、何かあればこちらから話し掛けます。」と柔らかく言えばいいんです!

 

店員さんからすれば、これ凄くありがたい事なんですね。

何故なら、お客さんが今何を考えてるのか分かるので、対応しやすくなるからです。

 

逆に、何か探してるアイテムがあるのであれば具体的に質問してみましょう!

・「ジャケットでお勧めはありますか?」

・「シルエットがきれいなパンツを探してます!」

・「今着てるアウターに合うインナーが欲しいのですが…」

 

こんな感じで具体的に質問すれば、お勧めのアイテムを持ってきてもらえますよ(*^^*)

 

そして気になるアイテムがあれば実際に試着してみましょう!

 

試着したのであれば、「このアイテムだったら何と合わせるのがベストですか?」

といった感じで聞いてみるのもいいですね!

 

店員さんのセンスでいろんな組み合わせを考えてくれます。

ここまで来れば、もう完全にあなたの味方ですね!

 

ただ、店員さんがどんなに親身になってくれたとしても、似合わない服を似合わないと正直に言うケースはまれです。

 

店員さんは、お勧めの洋服や各アイテムの組み合わせを提案してくれるアドバイザーであると共に、洋服の営業マンである事を忘れてはいけません。

 

ファッション業界の人からの第三者的意見はとても貴重なのですが、自分の感覚や考えもしっかりと持ち、購入するかどうかは総合的に判断するという事を常に意識しておきましょう!

 

店員さんといろんなコミュニケーションを取ると、何か買わないと申し訳ない気持ちにもなりますが、試着までしてしっくり来ないアイテムなのであれば購入する必要はありません。

 

そんな日は何も買わずに帰って、じっくり悩んだ方が冷静になれて、無駄な買い物をせずに済む事は多いからです。

 

私もその場の勢いで購入したものの、あまり着る事のない服を眠らせておいたという経験は何度もありますよ!

 

ですので、迷ったら購入せずに店を出て、一度冷静になって考えるのはかなりお勧めですね!

そしてどうしても気になるのであれば購入すればいいのです。

 

試着したのに何も買わないからといって、嫌な顔をする店員さんであれば、もうそのショップを利用しないようにしましょう!

 

自分が気持ちよく買い物が出来るショップでなければ意味がありません。

 

服を選んでる段階から気持ちのいいショップの方が、断然リピートしたくなるはずです!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ショップの店員さんと上手くコミュニケーションが取れるようになれば、どんなショップに入っても怖くありません。

 

大切なポイントは、自分の意思をしっかり伝える事です。

 

ただ洋服を見に来ただけなのか、何か購入したいのであれば、探しているアイテムは何なのか。

 

そのショップに来た理由を明確にしておくだけで、何か話しかけられても落ち着いて対応する事ができるはずです。

 

自分から積極的に話しかければ、良きアドバイザーになってくれるケースは多いので、是非チャレンジしてみてください(*^^*)

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket