【お洒落の法則】ドレスとカジュアルのバランスを取ろう!

LINEで送る
Pocket

本日は、お洒落の法則をお伝えします。

 

感覚的なファッションの世界では、センスのいい人だけがお洒落になれると思っている方が多いですが、ある法則さえマスターしてしまえば、誰でもお洒落に見せる事が出来るとお伝えしてきました。

 

 

では、具体的にどんな事を意識してコーディネートを組んでいけばいいのでしょうか?

 

 

st12bメンズファッションにおいて一番大切な事は、【ドレス】と【カジュアル】のバランスです。

 

【ドレス】とはフォーマル度の高い服装の事です。
こんな感じのイメージですね!

puffer-21

 

こちらは100%ドレスのスタイルで、ビジネスシーンで威力を発揮します。

しかし、普段着としては堅苦しい印象を与えてしまいます。

 

 

【カジュアル】とは、気軽でリラックス感のある服装の事です。

 

puffer-26

 

100%カジュアルな服装だとこんな感じになります。

 

部屋着や、近くのコンビニに行く時はいいかもしれませんが、彼女とデートする時や、街に繰り出す時にはだらしない印象を与えてしまいます。

 

 

【ドレス】に【カジュアル】を加えたスタイル
puffer-16

 

こちらはドレスライクなセットアップに、カジュアルなインナーとスニーカーを合わせて、バランスを取っています。

 

垢抜けた都会的な感じがしませんか?

 

 

では、こちらはいかがでしょうか?
i320-1

 

凄くお洒落に見えますよね?

 

こちらは少し上級なテクニックを使っていまして、【ドレス】の要素と【カジュアル】の要素を上手く組み合わせ、絶妙なバランスを取っています。

 

ここでドレスとカジュアルについてもう少し詳しく説明すると、

色が暗ければ暗いほどドレスよりに
色が明るければ明るいほどカジュアルよりに
なり、

シルエットが細ければ細いほどドレスよりに
なり、
シルエットが緩ければ緩いほどカジュアルよりになります。

 

肌を見せれば見せるほど、カジュアルな雰囲気になることも覚えておきましょう。

 

上記の点を踏まえて説明すると、

 

明るい色のジャケットとパンツを着用することによって、
シルエットが細いスタイルでもドレスに見え過ぎない工夫がされています。

 

ジャケットやベスト等のフォーマル度の高いアイテムに、バンドカラーのシャツや、スリッポン等のカジュアル度の高いアイテムで上手くバランスを取っているのも、お洒落に見えるポイントです。

 

更に、パンツのロールアップや腕まくりによって肌を見せ、適度な抜け感も出しています。

 

この様にファッションは、感覚的にいい!
とか、雑誌に書いてあるような、~な気分。
ではなく、ロジカルに説明することができるのです。

 

お洒落に見えるスタイルには法則があり、これを理解して使えるようになれば、誰でもお洒落に見せる事が出来ます。

 

これを知っているか、知らないかだけです。

 

 

特にメンズファッションにおいて【ドレス】と【カジュアル】のバランスは基本ですので、是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket