リネンシャツは秋に着てもいいの?季節感を意識することの大切さ

LINEで送る
Pocket

8月も終わりに差し掛かり、もうすぐ9月ですね!

ショップにも新作の秋物がズラリと並んでいます。

 

そこで、夏に買ったリネンシャツは秋冬に着ていいのか?

という事についてお話したいと思います。

 

結論から言いますと、リネン(麻)素材のシャツは着ない方がいいです。

やはり麻素材のシャツは春夏物のイメージが強く、薄い素材ですと一気にリゾート感が出てしまうので、秋冬には注意が必要です。

 

秋冬物のジャケットやコートのインナーに、麻のシャツを合わせて着てしまっている方を見かける事があるのですが、やはり素材感がミスマッチですし、コートを脱いだ時に肌寒い印象を与えてしまいます。

 

上着を着たい場合は、軽めの春向けニットや、薄手のジャケットなどがおすすめですね。

 

st12b季節感を意識することの大切さ

季節感を意識しないと、周囲に対して不快な思いをさせてしまう事があります。

 

凄く熱い夏の日に、デニムをブーツインしている人を見かけると、暑苦しく感じますよね?

逆に、凄く寒い日に薄着でアウターを羽織ってない人を見かけたら、周囲の人に寒そうな印象を与えてしまいます。

 

上記のように、季節とミスマッチな格好をしてしまうと周囲に与える印象はマイナスです。

 

服の素材にも季節感があり、その季節に合った素材の服を着る事が大切なのです。

 

 

st12b秋冬にお洒落な服

では、秋冬にはどんな素材の洋服がお洒落なのでしょうか?

 

 

・起毛感のあるウール素材の服

起毛感のあるウールを使ったアイテム(コートやジャケット)は、秋冬のイメージによく合います。

しかし、合わせるインナーには注意しましょう!

こういった厚手のウールのアウターに麻のシャツを合わせるのはもちろんなのですが、あまりに薄手のシャツの上に直接着るのは少し素材感に違和感が生じてしまいます。

それよりはシャツの上にニットを着たり、シャツも秋冬物にするのがお勧めです!

 

 

・ニット

コットンやウールを使って作られているニットも秋冬にぴったりのアイテムですね。

カシミアやアンゴラなどを使っているアイテムも着心地と保温性の面からもお勧めです!

ローゲージ(網目が粗い)などのざっくりとしたカーディガンは、通常着こなしの一番外に来るのが普通なので、カジュアルな装いを組む時に重宝します。

コートやジャケットなどの下に着るのであれば、シルエットが崩れないように、少し薄手のハイゲージ(網目の細かい)のものがおすすめです。

 

 

・秋冬物のテーラードジャケット

フランネルやサキソニーなどを使った秋冬向けのテーラードジャケットは、秋冬のファッションのよいアクセントになりますので、是非取り入れたいアイテムです!

デニムに合わせて、カジュアルダウンさせればバランス良く着こなせる使いやすいアイテムなのも特徴です。

少し値段は張りますが、ジャケットは全身のコーディネートの中でもお金をかけたい物なので、是非入れたいですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、季節感を意識した装いの大切さを洋服の素材の面からもお伝えしました。

 

 

これはほんの一例ですが、秋冬の洋服をコーディネートする際は是非意識してみてください!

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket