新しい洋服を買っても素敵になれない本当の理由

LINEで送る
Pocket

私達は当たり前のように毎日ご飯を食べます。

 

生きていく為には食べるという事は必須なので、どうすれば食材を美味しく食べる事ができるのか?

 

健康になる為にはどの様な栄養素を、どんなバランスで摂取していけばよいのかが研究され、今では「食育」という言葉があるくらい、しっかり学ばなければいけないものになっています。

 

毎日ご飯を食べるのと同じように、洋服も毎日必ず着ますよね?

 

衣食住という言葉があるように、私達は生きている限り洋服を身に纏う事を続けていかなければなりません。

 

人と人が関わり合う世界で生きている以上、死ぬまで洋服を着るという事は人類の宿命なのではないでしょうか?

 

しかし現実はどうでしょうか?

 

食事は直接自分の健康にも結び付きますし、美味しいものを食べれば誰もが幸せな気持ちにもなれるので、世の中は様々なレシピや専門の書籍などで溢れ、義務教育でも学ぶ機会が多くなってきているのに対し、ファッションはそこまで重要視されていないのが現状です。

 

生まれてこのかたファッションについて全く学んだ事が無い人も多く、これらは元々スタイルやセンスの良い人が何となく選んでさまになるものであり、それ以外の人には無縁と考えてしまう人さえいます。

 

何故このようになってしまっているかというと、普通に生きていただけではちゃんとファッションについて学ぶ機会が無いからなんですね!

 

ファッション雑誌を読んでも載っているのは流行の服の情報やアパレル企業の広告が多く、ファッションの基礎知識を学べる事はあまりありません。

 

ファッション雑誌は基礎知識を学というよりは、あくまで娯楽の為の読み物と考えるべきです。

 

一番大切なのはファッションの基本についてちゃんと学ぶ事であり、これが出来れば装いの持つパワーを自分の人生において有効に使う事ができます。

生まれ持った容姿やセンスは関係ありません。

 

 

ファッションとは何なのか?

 

私達はここでファッションというものに対して真剣に考えなければなりません。

 

この世を舞台に例えるならば、あなたにはどの様な役が与えられるだろうか?

 

どんな人も自分の人生の主役であり、演出家であるべきと私は考えます。

 

そのように考えた時、演出家であるあなたは自分自身という主人公にどの様な衣装を着せますか?

 

何も考えずに適当な服を着せるでしょうか?

 

きっと主人公のキャラクターや方向性、生き方、物語のジャンルに応じて最も合う衣装を選ぶはずです。

 

ファッションとは、あなたという主人公の人生においてとても大切な衣装であり、自身の目標やキャラクターに適したものを真剣に考えるべきなのです。

 

これを適当なものにしてしまっていたらどのような事になるでしょうか?

 

舞台上で主役を演じているはずが、誰の心にも残らない存在に見えてしまうかもしれません。

 

生き方や装いにこだわりを持ち始めると、周囲(観客)からは批判的な声が聞こえて来る事があります。

 

「この主人公にはこのような生き方や衣装は合わない」といった感じです。

しかし、周囲(観客)の意見を意識し過ぎてしまっては自分自身を見失い、どうでもよい存在になってしまう事もあります。

 

周囲の意見を重要視する生き方は、もはや自分の人生ではありません。
人それぞれ考え方は異なりますので、全ての人に好かれるのは不可能です。

 

誰かの人生を生きるのを辞め、自分自身と真剣に向き合い、たった1度しかない物語を作っていかなければなりません。

 

それが自分の人生の主役であり演出家である、あなた自身の使命なのではないでしょうか?

 

どんな現実を生きているかによって装いは様々ですが、どのような衣装を着せたら輝けるのか。

 

この機会に真剣に考えてみましょう!

 

 

素敵になる為に、洋服を買う

 

良く勘違いされがちなのですが、新しい洋服を買ったら素敵になれる訳ではありません。

 

素敵になる為に新しい洋服を買うという考え方に変えていかない限り、何を買ってもどこか満たされない状態が続きます。

 

流行っているからと買ってはみたものの、似合っているのかさえわからない。

 

周囲と自分を比較して、おしゃれな人を見て少し落ち込み、年齢を重ねると共にどんどんファッションから遠ざかってしまうのは非常に勿体ない事です。

 

素敵になる為に洋服を買うには、まず自分の事を知る事から始めてみてください。

 

自分はどんな人間で、どのような人生にしたくて、どんな人と関わっていきたいのか?

どんどん掘り下げる事によって、自分の理想が見えてくるはずです。

 

その時見えた自分はどのような服装をしていたいですか?

どんな服装なら、イメージに近い自分に近付けますか?

 

ここを明確にしてから新しい洋服を購入するのです。

 

何も考えずに何となく新しい洋服を購入すれば素敵になれる訳ではなく、素敵にはなる為に自分自身の事をまず知り、その上で新しい洋服を購入する事が大切いう事を覚えておいてください!

 

 

まとめ
 

ファッションは元々容姿が良かったり、センスがいい人だけが楽しめるというものではありません。

 

基礎知識をちゃんと学んで実践していけば誰でも素敵に見せる事は可能なんですね。

 

その為にはまず自分の事を良く知るという事が大切になってきます。

 

考える事を止め、受動的に誰かの人生を生きていたらどんどん自分自身を見失っていきます。

 

この状態ではどんなに新しい洋服を買っても素敵に見せる事は困難です。

 

今のあなたに相応しい洋服は何なのか?

本当のあなたはどんな人間なのか?

 

深く掘り下げて考えた先にいる自分と、理想の装いがリンクした状態はとても気持ちがいいはずです。

 

装いの持つ力をフルに感じる事もできるでしょう。

 

たかが洋服ですが、自分の人生の主役である「あなた」の為の大切な衣装なのです。

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket