カラダのラインが細過ぎるのが悩みなら、レイヤードでカバーしよう!

LINEで送る
Pocket

薄着の夏はカラダのラインが出やすく、ごまかしが利かないので悩んでいる方も多いと思います。

 

昨日の投稿からそんな体型の悩みをカバーするテクニックをご紹介しておりますので、多く寄せられる悩みをピックアップしてお伝えしていこうと思います。

 

第2回目の本日は、【カラダのラインが細すぎる!】
をカバーするテクニックです。

 

その中でも一番簡単な方法は、Tシャツやポロシャツの下にもう1枚Tシャツやタンクトップを着るというテクニックです。

 

Tシャツの下にもう1枚インする場合は、裾出しを考慮して投入する事によってこなれ感も高まります。

 

実はこの着こなしは90年代に流行しました。

現在その90年代に流行したレイヤードがじわじわトレンドになってますので、ロング丈インナーを重ねてみてはいかがでしょうか?

 

痩せすぎをカバー出来るだけでなく、今っぽさも最大限引き出せるのでお勧めです。

 

では、裾はどれくらい出せばバランスがよいのか?

 

全身の割合を10分割して、0.5くらいのバランスがbestです。

 

裾を出しすぎてしまうと胴長短足に見えてしまう為、
注意が必用です。

 

人に意識させないくらいのさりげなさが大事!

 

出した裾の色が靴や帽子などのアイテムに入っているとお洒落に見えます。

 

インナーの色に迷ったら王道の白からトライしてみてください。

 

爽やかな印象も出ますし、メリハリも生まれます(*^^*)

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket