試着をする事の大切さ。

LINEで送る
Pocket

服を買う時に試着をしないという方が結構いらっしゃいますが、試着は必ずした方がいいです。

 

何故なら、ブランドによって同じサイズ表記でも全然サイズ感が違うからです。

 

同じブランドでも各アイテムによってサイズ感が変わったり、定番のアイテムでさえ1年でサイズ感を変えてくることもよくあります。

 

「自分のサイズはこれだ!」

と決めるのもよくないですね。

 

表記よりも、実際に着た時にジャストサイズかどうかを見極めましょう。

 

少しきつめの服は着心地が悪く、結局着ない事が多いですし、オーバーサイズではカッコよく見えません。

(あえてオーバーサイズを着るのが流行ったりしますが^^;)

 

大人で上品なスタイルを目指すなら、ガチャガチャした服装はあまり好まれません。

 

シンプルな装いでもジャストサイズを意識するだけで、プチプラコーデでもかなりカッコよく見えますので、いかにサイジングが大事かがわかると思います。

 

洋服屋さんに行って試着すると買わなければいけない空気になる事はよくありますが、気に入らなければ断る勇気を持ちましょう。

 

それで嫌な顔をする定員さんのいるお店には2度と行かなければいいだけです。

 

新宿伊勢丹の接客は本当にすばらしいです。

上質な服や、斬新なデザインの服が沢山ありますので、行ける方は是非試着だけでもしてみてください。

 

普段行かないお店であれば、そこで試着することによって新しい自分を発見出来るかもしれません。

 

自分には合わないと思うお店にも行って積極的に試着をしてみましょう。

 

お洒落のセンスを磨くのに最適な方法ですよ(*^^*)

 

ネットで服を買うことが増えている現代ですが、実際に見て、触れて、試着して、最高にときめく服を見付けましょう。

 

あまり愛着の持てない服を着ては捨ててを繰り返すより、大切な事だと思います。

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket