カジュアルなシャツはアイロンがけしなくてもいいの?とても便利な手抜き時短テクニックとは?

LINEで送る
Pocket

前回のblogではカジュアルシーンのメンズファッションにおいて、きれいめな要素を簡単にプラスできるアイテムとして、お勧めのシャツをご紹介させていただきました。

 

しかしシャツにはこんなイメージがございませんか?

 

「シャツを着るのはいいけど、アイロンをかけるのが面倒

 

「毎回クリーニングに出すのも大変」

誰もがこんな風に思う事ってありますよね!

 

その面倒さ故に休日は楽なTシャツばかりを選んでしまう事も…

でもご安心ください。

カジュアルシーンで着るシャツには、若干シワがあった方が良かったりもします!

 

今では元々シワ加工が施されたシャツもございますし、カジュアル用の物は多少シワがあった方が自然に見えるんですね!

ところが洗濯機で脱水までしたらしわしわになってしまって、なかなかシワが伸びない事も…

結局アイロンがけしないといけない状態になってしまってしまうのでは?

こんな疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はそんな方にお勧めな、洗濯後にシャツをアイロンがけしなくてもいい時短テクニックをお伝えします!

 

この方法では、重力と濡れたシャツの水分を利用します!

 

濡れた衣類ってかなり重たくなりますよね?

濡れたニットをハンガーで干すと形崩れをおこしたり、縦に伸びてしまったりするのはこの為です。

 

しかし、シャツであればこのマイナスな要素を上手く利用する事ができるんですね!

 

シャツに付着した水分は重力の影響で下に向かって落ちて行きますので、この水分の重さを利用すればいい感じにシャツのシワは伸びてくれます!

 

脱水を完璧にかけてしまうと、水分がかなり飛ばされてしまい、手でパンパンと伸ばしてもなかなかシワが伸びない事が多いです。

 

水分が飛ばされて軽くなっている分、シャツのシワが残りやすいんですね!

 

とても簡単な方法ではありますが、カジュアルシャツに程よいシワ感を残しつつ綺麗に乾きますのでお勧めですよ!

 

この方法は部屋干しではなかなか難しいので、浴室乾燥を使うか良く晴れた日に行ってください。

 

私の場合はお風呂に入る時に

おしゃれ着用の洗剤で手洗い

手で絞る

ハンガーにかけて形を整える

そのまま浴室乾燥して終わりです(笑)

 

他の洗濯物と一緒にガンガン洗濯機を回してしまうとシャツの劣化は早まりますし、色落ちや色移り(白シャツ)
の原因にもなりますので基本的に手洗いしてますね!

 

ぬるま湯で手洗いすれば、厄介なクビ周りや袖口の汚れも落としやすいですよ(*^^*)

シャツもセレクトショップで購入すれば1万円以上するものなので、大事に着てあげましょう!

 

 

いかがでしたでしょうか?

普通に洗濯機で洗って形を整えるだけでも大丈夫なシャツであればいいのですが、物によってはかなりシワシワになってしまい、アイロンがけが必要になってしまう物もございますよね?

 

こうなってしまってはアイロンがけをしなくてはいけません。

 

しかし、一人暮らしなどをしていたらなかなかそんな時間もかけていられないのが現状ではないでしょうか?

 

そんな時は今回のお伝えした方法を是非試してみてください!

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket