ファッション難民必見!毎日洋服選びに迷わなくなる方法とは?

LINEで送る
Pocket

あなたはこんな経験はありますか?

 

「洋服は沢山あるのに、何を着ればいいのか分からない。」

 

「そもそも自分にとっての正解が分からない。」

 

これは意外とどんな人にも起こりうる事かもしれません。

 

元々ファッションが得意だった人でも、年齢を重ねて似合うテイストが変わって来ると、自身のファッションに迷いが生じてしまうことが多いからです。

 

今回は、そんなファッション難民にならない為の方法を見ていきましょう!

 

 

何故着る服が分からなくなってしまうのか?

 

着る服が分からなくなってしまう主な原因は大きく分けて2つあります。

 

1、自分自身を見失っている。

自分が目指す方向性だったり、理想の未来像が見えていないと、当然服にも迷いが生じてしまいます。

 

自分の内面と外見がリンクした状態が最も素敵に見えますので、まず己を知る事がとても重要になって来るんですね!

 

そして、人は歳を重ねる毎に内面や外見が変わっていきますので、それに相応しい装いが必要になってくる訳です。

 

自分自身が変わっているのに、ファッションだけは昔のまま。

 

これでは素敵に見えないのも当然ですよね?

 

30代、40代と、年齢の節目を迎えた時は特にファッションに迷いが生じやすいので、自分自身とより向き合い、ファッションの軌道修正をしていく事が大切です。

 

 

2、服を着る目的を定めていない。

どんなに沢山服を所有していても、その日に着る服の目的を定めていなければコーディネートを組む事は困難です。

 

例えば、何を食べたいのか分からないのに料理を作るのは困難ですよね?

 

食べたい物が決まっていれば、それを作るのに必要な材料を揃えて作るだけです。
レシピさえあれば何の迷いも無く作ることができるのではないでしょうか?

 

ファッションも同じです。

着る洋服を選ぶ前に、まずその日のスケジュールを確認してみましょう!

 

何処に行って誰と会い、何をするのか?
ここがわかるだけでも、その日に着なければならない服装が見えてくるはずです。

 

更にファッションの基礎知識さえあれば、コーディネートに迷う事も無くなります。

 

 

コーディネートのテーマを決める

 

コーディネートのテーマさえ決まれば、後はそのテーマに添って洋服を組み合わせるだけです。

 

「今日は何を着ようかな?」の前に「今日は誰にどう見られたいのかな?」という所を考えるようにしましょう!

 

「今日は何を着ようかな?」という自分軸の決め方ですと、コーディネートが定まらず、バリエーションも多くなるのでなかなか着ていく服が決まらないという事に繋がります。

 

そこで大切なのが、コーディネートのテーマを決めるという事なんですね!

 

「その日はどんな自分でありたいのか。」

「周囲からどんな風に見られたいのか。」

 

この部分はその日のスケジュールによって異なるはずです。

 

時間のある時に手持ちのアイテムを整理しながら、シチュエーション別にコーディネートを組んでおくのもありですね!

 

あらかじめ間違いのないコーディネートをいくつか組んでおけば、時間のある無い朝でもサラッと着ていく事ができるはずです。

 

 

コーディネートに迷ったらボトムスから選ぶのがお勧め

 

ボトムスはコーディネートの土台になるとても重要なアイテムです。

 

何故なら、ボトムスはその日の活動とリンクしているからです。

 

カッチリした服装を求められる日と、リラックスした服装でも大丈夫な日では穿きたいボトムスは違いますよね?

 

つまり、ボトムスはその日のコーディネートの核になりえるのです。

 

ですので、コーディネートのテーマが決まったら、そのテーマに合うボトムスを決めてしまいましょう!

 

ボトムスさえ決まれば、それに合う靴とトップスは限定されますので、コーディネートがしやすくなるんですね!

 

着ていく服に迷った時は、ボトムスから選ぶ方法もあるという事を覚えておきましょう。

 

 

最後に

 

服は沢山あるのに何を着ればいいのか分からなくなってしまうことは誰にでもあります。

 

決して珍しいことではないんですね!

 

それには必ず原因があり、それを解消することによって、その日のコーディネートに迷いが無くなっていきます。

 

今回お伝えした方法は、誰でも実践できる内容です。

 

特にコーディネートのテーマを決めるという事は、装いの持つ力を実感する為の基本でもあるので、普段の生活の中で是非意識してみてください(*^^*)

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket