女性にモテない?ダサいメンズファッション20の特徴とは?

LINEで送る
Pocket

ダサいと言われるメンズファッションにはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

 

自分ではいいと思っていても、異性から見たら全然イケてないケースもございます。

 

様々な例を出し、私の考えも記載していきますので、自身のファッションと比較しながら確認してみてください。

では行きます!

 

 

シャツイン ハイウエスト

皆さんご存じ、これはもうネタ化しているスタイルですね!

 

最近はタックインスタイルというのが徐々に人気を集めているせいか、間違ったやり方をしている人をたまに街や電車の中で見かけます。

 

画像は極端過ぎる例ですが、お洒落なタックインスタイルを目指すのであれば、全てカジュアルな服で構成するのはNGです。

 

出典http://wear.jp/good2/3006635/

 

こちらのスタイルの様に、必ず何処かにドレスアイテムを使いましょう!

 

しかし、このタックインスタイルは若干難易度が高いので、ファッション初心者の方はいろんな例を見て、間違った着方をしないように注意が必要です。

 

 

イケてないスニーカー

スニーカーって歩きやすくて最高ですよね!しかし、購入するアイテムを間違えてしまうと、異常にダサくなってしまうので注意が必要です。その代表的なデザインがこちら

 

出典http://amzn.to/2ipMM1H

この様なスニーカーを履いてる人をたまに見かけますが、この手のデザインは正直大人な男性の普段使いには厳しいです。

 

女性の評価もかなり低いので、今すぐ卒業した方がいいですね。

 

アディダスやナイキ等の有名なメーカーの物でも私服に合わせるのには無理がある物は沢山のありますので、普段使いのスニーカーを購入する時はじっくり考えて、必ず自分の私服に合うものを選びましょう。

 

レザーっぽい質感のスニーカーは大人っぽく履けるのでお勧めです!

 

 

何年も前の服を着ている

何年も前に購入した物なのか、色褪せてしまっていたり、ヨレヨレのの服を着ている人がいます。

 

物を大切にするのは素晴らしい事ですが、この状態になってしまった服を着続けるのは良くないです。

 

清潔感が無いですし、これもやはり女性受けが良くありません。

 

ダサいファッションにならない為にも、定期的に新しい服を買う事を心がけましょう!

 

 

大き過ぎるシルエット

着ていて楽だからと、取り合えず大きめのサイズを購入する人がいます。

 

しかしそのファッション、自分は着ていて楽でも周囲からは素敵に見えていません。

 

野暮ったく、スタイルも悪く見えてしまいますし、ダサいファッションに繋がりますので、極力ジャストサイズを購入するようにしましょう!

 

※ゆるいサイズの服ばかり着ていると気持ちもゆるみますので、太る事にも繋がります。自分のジャストサイズを把握し、その服を着れなくなるなんて事のないように、スタイルキープも意識していきましょう。

 

 

ブーツカットやベルボトム

出典http://bit.ly/2ipU8SX

 

今だにこの手のパンツを販売しているブランドがあります。

 

今から10年以上前に流行って以来、固定ファンがいる為か、コンセプトをブラさず今でも作り続けているのは本当に凄いと思いますが、今の主流はスキニーパンツやテーパードパンツです!

 

女性の支持も圧倒的にこちらですので、ダサいファッション男のレッテルを貼られない為にも、フレアパンツを穿くのは今すぐやめましょう。

 

 

裾上げをしない

デニムを裾上げすることなく引きずって歩いてる人がいますが、品が無いですし、野暮ったくとてもダサいです。

 

足元に余った裾が溜まりすぎているのも見栄えが悪いので、パンツを購入したら必ず適正の長さに裾上げしましょう!

 

 

ウォレットチェーン

出典http://bit.ly/2jd2ydo

 

これ、何でつけるのか疑問に思ってる女性はかなり多いです(笑)

 

ジャラジャラと音を立てるのがカッコいいのか、お尻のポケットに入れた財布を盗まれないように繋いでいるのかは分かりませんが、モテないアイテム代表的な存在なのでお勧めしません。

 

お尻のポケットに財布を入れるのもイケてないので、この機会にやめましょう!

 

 

スーツにリュックサック

スーツにリュックサックを背負ってる方をたまに見かけますが、残念ながらダサいです。

 

フォーマルな装いにカジュアルなリュックサックはアンバランス過ぎるので、仕事の場面であれば無難にビジネスバックを使用しましょう。

 

カジュアルな私服の場面であっても、リュックサックをお洒落に使うのは少し難しいです。

 

間違ってもアウトドアブランドから出している登山用のメーカー物には手を出さない方がいいです。

 

どうしてもリュックサックを私服で使いたい時は、自分の服のテイストに合った物を選ばなければいけません。ここを間違えると一気にダサくなってしまうんですね!

 

 

 

 

ここからは柄シリーズが続きます!

柄物のインナーや安っぽいレイヤードカットソー

ジャケットやシャツのインナーに柄物のインナーや、こんなカットソーを着ていたら要注意です!

出典http://bit.ly/2jd2Hxs

 

購入する段階からレイヤードになっていて、アクセサリーもセットでお得感があり、この謎の英字プリントもカッコ良く見えてしまうでしょうか。

 

しかし、この手の服は子供の時に親が間違って買ってきてしまう服のように、とても安っぽく間違いなくモテない服ですので、ダサいファッション男と思われたくないのであれば絶対に手を出してはいけません。

 

 

無駄にデザインが入った安価なシャツ

この手のシャツを1度はカッコいいと思ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、こういうテイストの物は非常に子供っぽく、避けた方が無難です。

出典http://bit.ly/2ipLa8c

 

この様に中途半端に柄が入ってるシャツより、無地シャツの方が断然素敵です!

 

柄が入っていればお洒落という訳ではないということを覚えておいてくださいね。

 

 

フードの裏側に柄のあるパーカー

パーカーはそれだけでかなりカジュアル度の高いアイテムです。そこにこの様な柄をプラスしてしまうと、もう子供にしか使いこなせないのではないでしょうか?

出典http://bit.ly/2jcWWzT

 

 

裾を折り返すと柄があるパンツ

シャツやパーカーがあるということは…

はいっ!

パンツもありましたね^^;

出典http://bit.ly/2ipUsRA

 

裾を折り返すとチェック柄がちらりと見えるのでお洒落に見えてしまうのかもしれませんが、他のアイテム同様無地の方が断然カッコいいです!

 

「ズボンの裏側にチェックなんてお洒落!」なんて事にはなりません(笑)

 

ファッションはトータルのバランスが大事ですので、これを穿いたからといってカッコ良くはなれるかどうかは…

 

 

 

柄物と柄物を合わせてしまう

例えば、柄物のカットソーに柄物のシャツ。柄物のパンツに柄物のトップスといった感じで、柄に柄を組み合わせてしまうんですね!

 

これだと見た目も美しくないですし、ダサいファッションになってしまいます。柄物を使う時はシンプルなコーディネートに1点くらいのバランスで使いましょう!

 

 

全身黒い服

「全身黒でダークなコーディネートしてる俺カッコいいだろ?キリッ」

 

こんな風に思っていたら要注意です!黒って凄くモードな色でもあり、そこからカッコいいイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、全身黒で様になる人って意外といないんですよ。

 

様になるのはランウェイを歩くモデルさんとか、アニメやゲームのキャラクターくらいですかね?(笑)

 

大概重たく野暮ったい印象になってしまいますので、全身黒でコーディネートするのではなく、ネイビーや白等、他の色にも目を向けてみましょう!

 

 

ViViDカラーの多用

暗い色ばかりでは重たいからといって、ViViDカラーの多用もNGです!

 

アニメに出てくる少年キャラってViViDな色合いの服を着こなしてますよね?

 

あんな感じで、子供っぽい印象になってしまいますのでお勧めしません

 

2016年はそんなViViDカラーの多用や、柄に柄を合わせるタッキー(悪趣味な)スタイルが流行りましたが、ファッション初心者には難易度が高いです。

 

やはりカラーを使う時はモノトーンに1色が基本ですね!

 

 

 

 

ここからはお洒落中級者~上級者にありがちな、一見異性にモテそうな感じの人でも一歩間違えると周囲からダサく見えてしまってる可能性がある例になります!

トレンド追い過ぎ

トレンドを追い過ぎて、いかにもな装いも異性には人気がないようです。流行に流され過ぎてて、自分が無いと思われてしまう可能性もあるので、トレンド感は程よく醸し出すくらいにしておきましょう!

 

 

ハイブランドで固め過ぎ

「全身高額なスーパーブランドで固めてる俺最強!」

ドルチェ&ガッバーナ Dior GUCCI ディースクエアード アレキサンダーマックイーンetc…

 

果たしてそうでしょうか?

 

本物のセレブでない限り、間違いなく周囲からいい印象は持たれないはずです。

 

そうなるとかなりコスパの悪い装いになってしまいますよね?

 

もっと安いアイテムもmixしながらコーディネートした方が断然お洒落に思われますよ!

 

 

奇抜すぎる格好

スーパーブランドやドメスティックブランド(コムデギャルソン等)によくあるコレクション系アイテムの多用や、それの模倣品を沢山使った装いです。

 

メンズファッションは、お洒落過ぎたり、お金をかけ過ぎると周囲から引かれてしまう事があります。

 

この手の服は一般の人には理解できないようなデザインの服も多いので、使い過ぎるとダサいと感じる人もいるんですね!

 

その装いが自己満であればいいのですが。

 

周囲から好感を持たれたい場合は程々にしておきましょう。

 

 

個性的過ぎる格好

原宿でよく見掛けるような、個性的過ぎるファッションは番人受けしないですし、行きすぎるとダサいファッションと思われてしまう可能性がございます。

 

古着等を駆使して自分の世界観を表現していて独創性があり、それを評価する人も勿論いるのですが、女性にモテたいとか周囲から好感を持たれたいという願望だけであれば、そこまでお洒落にこだわる必要はないです。

 

好きな人と全く理解できない人に分かれる装いなんですね!

 

 

アクセサリーの付け過ぎ

安価な物から高価な物まで共通して、ジャラジャラと沢山付ければカッコいいという訳ではありません。

 

メンズファッションにおいてアクセサリーはさりげなさが重要です。

 

せっかく何十万もする高額なアクセサリーをしていてもダサく見られてしまうケースは非常に多いので、主張し過ぎる物は避けた方がいいですね!

 

男なのにネックレスを重ね着けするのも品が無いのでやめましょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

長文になりましたが、やってはいけないダサいと思われてしまうメンズファッション20の特徴をお伝えしました。

 

この例を見ていただければ分かる通り、メンズファッションの世界では、ファッションの基本的な事さえ理解していれば、ダサいと思われる事はないです。

 

爽やかで品があり、清潔感のある装いをする事がポイントなんですね!

 

このキーワードを意識してコーディネートを組めば異性からの好感度も必ず上がります。

 

ですので、モテる為にお洒落過ぎる格好を目指したり、高額なブランドの服を買う必要もありません。

 

是非参考にしてみてください!

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket