「帽子は苦手!」は勿体ない。その理由とは?

LINEで送る
Pocket

近年ではすっかり被っている人を見掛けなくなった帽子。

 

年配の方を中心に、上手に帽子を被られている方をたまに見かける事はありますが、全体として男性は帽子を被らなくなりました。

 

昔はスーツにネクタイで仕事に向かう男性はたいてい帽子を被っていました。

 

最近でこの様なスタイルの男性がいるとすれば、サザエさんの波平さんくらいでしょうか?^^;

 

何故この様な感じになってきたのでしょうか?

 

これまで理由とされてきた説をいくつか上げてみたいと思います。

 

1.自動車社会になるにつれて、帽子が不要な物になってきたから。

車に乗るのに帽子は邪魔という理由です。

20世紀初頭の自動車の車高が高かったのは、正装した紳士がシルクハットを被ったまま乗り込みやすいようにという配慮によるものらしいです。

 

2.世の中にエアコンが普及し、室内や街中(地下や店内等)の気温が一定化してきたから。

人間の体内の熱は頭から放出される為、当時は防寒の為に帽子を被っていたそうです。

 

3.世界的規模で階級社会では無くなってきたから。

帽子はかつて階級社会の象徴としての側面がありました。

 

4.男性のヘアスタイルのバリエーションが戦後劇的に増えてきたから。

日本では昭和39年の東京オリンピックを契機としての高度成長時代から、若い世代を中心に帽子を被らなくなったと言われています。

 

そして現在、

 

帽子は若者のトレンドアイテムとしてはかなり人気があるようです。

街中ではつば広ハットを被っている若者をよく見かけます。

 

そんなカジュアルシーンで若者に人気のある帽子なのですが、大人の男性はどう取り入れれば良いのでしょうか?

 

いろんな人に意見を聞くと、やはり帽子に苦手意識のある人はかなり多いみたいですね。

実は私もその一人でした。

自分に帽子は似合わない!

という先入観がある人が多いように思います。

被っていると少しキザに見えないか?

という心理的な理由もあるそうです。

 

しかし、帽子は誰にでも似合う形があります。

キャップ、キャスケット、ハンチング、ハット、ニット帽

等いろんな種類がございますが、

 

大人の男性であれば、やはりハットをお勧めします!

 

ハットは元々フォーマル度の高いアイテムですので、カジュアル寄りになりがちなファッションを上手く中和してくれます。

 

寝癖で髪がボサボサでも被るだけで様になるので、私は被ることが多くなりました!

 

ファッションの良いアクセントにもなりますので、今では大好きなアイテムです。

 

ビジネスの通勤時に被ることが無くなった帽子ですが、オフの日には是非取り入れたいアイテムだと思います。

 

被っている人が少ないからこそ、自分に似合う帽子を被ればそれだけでお洒落に見せる事も出来ます。

 

誰にでも似合う形は必ずありますので、是非素敵な帽子を見付けてみてください(*^^*)

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket