カシミヤ100%のニットってどうなの?上手な着こなし方とは?

LINEで送る
Pocket

季節が秋から冬に移り変わるにつれて、都内の気温もかなり低くなってきました。

 

昔と比べると、秋の丁度いい気候を感じられる期間もかなり短くなった様に思います。

 

どんな服装をしたらいいのかわからず、毎日の服選びがなかなか難しいのもこの時期ですよね!

 

そこで大活躍するのがニットアイテムです。

 

ニットを着るだけで大人の魅力が引き出されるので、効果的に使えばかなり重宝します!

 

そんなニットには様々な使い方があるのですが、

 

カジュアルに着たい場合は、ニットの上にダウンベストという組み合わせは、旬なスタイルを構築出来てお勧めです。

ミドルゲージのニットを選べば体型の悩みもカバー出来ます。

 

厚手のニットであれば、それだけで存在感があるのでデニムと合わせて男らしさを演出するのもありです!

 

ジャケットのインナーとして使う場合は、シャツの上に使うのもありですが、タートルネックもいいですね!

大人の品がある落ち着き感や、程よいリラックス感が出るのでお勧めです。

 

しかし種類が豊富過ぎてどれを選べばいいのか迷ってしまうアイテムでもあります。

特に、素材に関して疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

 

st12bカシミヤ100%のニットってどうなの?

 

ウール100%であれば比較的安く手に入りますが、何となく値段の高いカシミヤ100%がいいような気もします。

 

しかし、場合によってはそうではありません。

カシミヤ100%のメリット

  • 軽い
  • とても温かい
  • さわり心地がいい
  • 上質な質感

等があります。

 

カシミヤ100%のデメリット

  • 値段が高額
  • デリケートな素材の為、取り扱いが難しい
  • メンテナンス費用も高くつく

等があります。

 

着心地は断然カシミヤですが、デメリットを考えると手を出しにくいのも事実ですよね!

 

そこでお勧めなのが、ウール70%にカシミヤ30%のバランスのアイテムです!

 

カシミヤ100%の物は高いのでなかなか手が出しずらいですが、混紡であればその分値段は抑えられます。

 

そして、30%入っていればカシミヤの質感や風合いが楽しめるのもいいですね!

 

更にウールが入るとハリ感が出ていい感じに仕上がります。

 

コーディネートの幅も広がるので、ベストな割合と言えるでしょう。

 

さわり心地と上質感ならカシミヤ100%をお勧めしますが、価格を抑えたい方や、ウール独特のハリ感を楽しみたい方は、混紡をお勧めします。

是非試してみてください。

 

 

st12bまとめ

ニットを購入する時は、着心地や質感等の面から考えても素材は意識するべきです!

どの様な着方をしたいのか?

インナーに使うのか?

アウターとして使うのか?

用途はいろいろございます。

それによって素材を変えてみるのもいいですね!

 

カシミヤ100%のニットを安価に購入されたい方は、UNIQLOの商品をお勧めします。

価格は1万円くらいするのでUNIQLOにしては高い気もしますが、これをセレクトショップで購入すれば2万円は越えてきますので、手の出しやすい価格帯ではあるかと思います。

 

お気に入りのニットを見付けて、冬のファッションを楽しみましょう!(*^^*)

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket