若作りは痛い?若々しいファッションをする3つのポイントとは?

LINEで送る
Pocket

世の中には、歳を重ねても若々しく魅力的な人と、年齢にはミスマッチな若作りファッションで少し痛々しい人がいますよね。

 

この違いはいったい何処にあるのでしょうか?

 

きっと大多数の人が、痛々しい若作りファッションよりも、若々しく魅力的なファッションを目指したいと思うはずです。

 

ところが、自分では気が付かないうちに、痛々しい若作りファッションをしていた。

なんて事も全然あるんですね。

 

今回は、若々しく見えるファッションをする上で大切な3つのポイントを見て行きましょう!

 

 

服を見方につければ、いつでも若々しいファッションをする事ができる

誰もが必ず歳を取ります。

 

歳を重ねれば、肌のくすみやたるみ、体型が変わってきてしまうという悩みも出て来ますよね。

 

人生100年時代と言われる現代において、若い時というのは本当に短く、大人になってから過ごす時間の方が圧倒的に長いのです。

 

それ故に、若さにはとても価値があるのですが、大人世代になっても若い頃の自分を忘れる事が出来ず、まだまだ行けるという気持ちから、当時のファッションから抜け出せない場合があるんですね。

 

これが、痛々しい若作りファッションに陥ってしまう原因です。

 

若作りファッションの人は周囲から敬遠される事が多く、決して素敵には見えないのですが、意外と本人は全く気付いていない事が多いです。

 

周囲から指摘されるケースが少ないのは、指摘する事によって人間関係を悪くしてしまうくらいなら、何も言わない方がいいと考える人が多いからでしょう。

 

この様に、若作りファッションは周囲にマイナスなイメージを与えてしまう事が多いのですが、若作りではなく、若々しい雰囲気にスタイリングしてる人は周囲からの好感度が高いです。

 

それだけではなく、あの人の様になりたいと、周囲から憧れられる存在でもあるんですね。

 

では、どうすれば若々しい雰囲気のスタイリングができるのでしょうか?

 

順に見ていきましょう。

 

 

若々しいファッションの3つのポイント

 

若々しく見えるファッションを構築するには、次の3つのポイントを意識する必要があります。

 

 

サイズ感

痛々しい若作りファッションに陥ってしまう原因の1つに、若者向けのシルエットの服を無理して着てしまっているケースがあります。

 

これは周囲から見たら見苦しく見えてしまうので、注意が必要なんですね。

 

元々細身の体型で、普通に若者向けでタイトな服を着ることができたとしても、自身がその服の雰囲気にマッチしないのであれば、何処か無理をしているように見えてしまいます。

 

反対にオーバーサイズの服も野暮ったく見えてしまうので、やはり大人の体型に合うジャストサイズを意識する事が大切です。

 

 

ウィークポイントは隠す 

歳を重ねる事により、体型が徐々に変わってきてしまっているのであれば、そこをファッションで隠す事は視覚的にも効果があります。

 

二の腕のたるみが気になるのであれば、なるべく半袖は着ない。

お腹回りが気になるのであれば、ハリ感のある生地の服を選んで目立たなくする。

etc…

 

あくまでも不自然にならない程度に、スマートにウィークポイントを隠すことが若々しいファッションに繋がるのです。

 

 

上質な服を着る

大人世代になっても、若者向けの素材(安価もしくは安価に見える)で作られた服を着ている人がいます。

 

若さがあれば全然素敵に着こなす事ができるのですが、大人がその様な服を着てしまうと、一気に何処か頼りなく残念な印象になってしまいます。

 

更に、こういった服は若者向けに作られているので、無駄にデザインや装飾が施されている事が多く、見る人が見ればすぐにわかります。

 

若作りファッションなのか、ファッションの基礎知識が無くてその服を手にしてしまったのか、周囲からはとても微妙な感じの見た目になってしまうので注意しましょう。

 

大人世代を若々しく見せる服は、やはり上質な素材で作られた服です。

 

何故なら、上質な服は肌の衰えを補ってくれるからです。

 

いろいろな経験を重ねた大人こそが着こなせる服でもあるので、是非素材のクオリティにも目を向けて見てください。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

主要なポイントさえおさえれば、若々しく見えるファッションを構築する事は、そんなに難しい事ではないという事がおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

立ち振舞いや髪型による部分もありますが、若々しく見える人は周囲から一目置かれる事が多いです。

 

それだけではなく、大切に扱われたりもするので普段の生活の中でのメリットも意外と多いんですね。

 

是非意識してみてください。

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket