スタイリストお勧めブーツ 後編

LINEで送る
Pocket

前回のblogでは、スタイル事のお勧めブーツをご紹介しましたが、何足もブーツを所有するのは嫌という方も多いと思います。

良い物は値段も高いですからね^^;

 

 

そこでお勧めなのがこちら

41xkn7byd2l

 

PADRONE(パドローネ)という日本ブランドのバックジップブーツです。

 

お薦めの理由

1、シンプルなデザインでトゥ(つま先)のフォルムが絶妙な点

トゥが細ければ細い程ドレス寄りに。

トゥがボテっと丸い感じであればある程カジュアル寄りになります。

しかしこちらのブーツは細過ぎず、ゴツ過ぎず、フォルムが絶妙です。

また、デザインがゴテゴテしていたり、ミリタリーブーツの様にソールに凹凸があるとカジュアルな雰囲気になるのですが、その点を意識して見ても使いやすいデザインと言えるでしょう!

 

2、品質がいいから

何故品質がいいのかというと、「ファクトリーブランドだからです!」

「ファクトリーブランド」とは、下請けブランドの事です。

Diorなどのスーパーブランドでさえ、靴は自社では作っていません。

外注に依頼するんですね!

日本のセレクトショップや、ドメスティックブランドの靴なんかもそうです。

 

自社で靴の生産工場を作ったら物凄い資産が必要になるからです。

 

そこで、ブランドのデザイナーさんがデザインした物を、下請けメーカーに依頼します。

 

下請けメーカーはその通りに作り、納品するという流れです。

 

つまりファクトリーブランドとは、下請けメーカーがオリジナルで出しているブランドという事です。

 

様々なブランドからの製作依頼をこなしているので、オリジナルで出そうと思った時に、それなりの商品を作れてしまうんですね!

 

下請けメーカーから各ブランドに納品された商品を消費者に売る。

 

という流れが一般的なのですが、

ファクトリーブランドは自社で作った物を直接消費者に売る事ができるので、高品質の物を安く提供できるのです。

 

 

3、値段が圧倒的に安い

全て自社で生産しているため、高品質な物を安く提供する事ができます。

ちなみにこの商品でしたら、3万ちょっとで買う事が出来ます。

 

正直な話、この靴の品質でしたら5万円~6万円が妥当です。

 

素材~縫製に至るまでとてもいい仕事をしてますので、この価格で買えるのは凄いですよ!

 

それでも高いと思った方は、靴には投資してみてください。

 

ちゃんとした革靴の最低ラインはやはり2万円から3万円だと思います!

 

1万円位の革靴ですと、見た目、素材、縫製にかなりの差が出ます。

 

1年も履けばダメになってしまう事も多いので、結局長く履く事はできません。

 

やはり靴はある程度良いものを買って、長く使う方が経済的ですし、履いている時も高級感が出るので良いものを買った方が断然良いです。

 

その方がグッと素敵に近付きますよ。

 

特にブーツは秋から春先にかけて長い期間履けますので、少し高くても元は取れます!

 

是非最高の1足を探してみてください(*^^*)

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket