自分の似合う服を知る方法とは?

LINEで送る
Pocket

素敵になる為に洋服を買いに出掛けても、沢山あるショップの中から自分に合ったお店を探すのは大変ですよね!

 

各ブランド事にコンセプトやテイストが違うので、自分に合わないテイストのショップで素敵になるのは難しいです。

 

どんなジャンルの服も着こなせてしまうのがお洒落な人と思われがちですが、決してそうではありません。

 

似合わない服には手を出さず、自分に似合う服を着こなせるようになる事が素敵になる為の近道なんですね!

 

では、自分に似合う服はどうやって見付ければいいのでしょうか?

 

今回はその為の基礎的な方法をお伝えしますので、是非参考にしてみてください。

 

 

似合う服とは何かを知ろう!

 

ファッションが苦手な人は、そもそも似合う服がわからないという悩みを抱えています。

 

では、似合う服とは何なのでしょうか?

 

多くの方が、その人が素敵に見える服装と答えるはずです。

 

その通りなのですが、少し抽象的でわかりにくいですよね?

 

「似合う」を突き詰めて行くと「その人の醸し出す雰囲気と、着る服のブランドのテイストやコンセプトとの一致」等、複雑になっていきます。

 

ですので、最初はこのようにシンプルに考えてみてください。

 

「似合う服=自分のスタイルが良く見える服」

 

わかりやすくなりましたか?

 

人は着る服によって背が高く見えたり、痩せて見えたりします。

反対に背が低く見えたり太って見えたりもしてしまうんですね!

 

スタイルが悪く見える服は似合っていない可能性が高いです。

 

まずは、どんな服を着たらスタイルが良く見えるのかを考えて行きましょう。

 

 

自分のジャストサイズを知ろう!

 

スタイルが良く見える服を着る場合、ジャストサイズを選らばなければなりません。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、ジャストサイズとはピタっとしたサイズ感ではないという事です。

 

大き過ぎず、小さ過ぎず、ストレスなく過ごせるサイズ感の服がジャストサイズです。

 

同じ洋服でも、ワンサイズ違うだけで全然違う雰囲気になりますので、サイズに妥協はしないでくださいね!

 

どんなにいい服でもここでミスしてしまうと後でかなり後悔しますよ。

 

これは私もかなり失敗した経験があります^^;

 

自分のジャストサイズを把握するというのは、とても大切な事なんですね!

 

ここでの注意点として覚えておいて欲しい事は、自分のサイズはMやLと決めつけてしまうのはよくないという事です。

 

何故なら、普段Mサイズの人でもアイテムによっては、SやLサイズの方がスタイルが良く見える事があるからです!

 

新しい洋服を購入する際は、普段着ているサイズの服と、その上のサイズと下のサイズの服を試着してみてください。

これをするだけでも全然違いますよ!

 

鏡を見た時に、同じ服とは思えない程の違いが出る事もございます。

 

 

自分のサイズ感が得意なショップを探そう!

 

自分のスタイルを良く見せてくれる服が分かれば、そのサイズ感が得意なショップの服が似合う可能性が高いです。

 

例えば、細身の服が得意なブランドは、一番大きいサイズであったとしても細いので、細身の体型の人はそういったショップの服がスタイルを良く見せてくれるはずです。

 

ここでの注意点は、自分の雰囲気とかけ離れたテイストのショップは避けるという事です。

 

ブランドのテイストや対象年齢を外してしまうと、いくらサイズ感がバッチリでも痛々しく見えてしまう事がございます。

 

ショップの入口にあるマネキンを見て、自分の雰囲気や理想に近い所を選びましょう!

 

 

最後に

 

今回は自分の似合う洋服を知る為の方法として、まず「自分のスタイルが良く見える服」を探す事の大切さをお伝えしました。

 

ここが明確になってくると、ショップ選びにも迷いが無くなってきます。

 

その為に自分のジャストサイズを知る必要があるので、様々な服を試着してみましょう!

 

少し面倒に感じるかもしれませんが、ここで新たな発見があったりもしますよ。

 

自分の似合うを知るという事は、装いの持つの力を得るための第一歩です!

 

ファッションが楽しくなる事にも繋がりますので、是非チャレンジしてみてください(*^^*)

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket