絶対に買ってはいけない服のポイント3選

LINEで送る
Pocket

あなたは洋服を買う時、どのような点に注意しますか?

 

自分がこれからなりたいイメージや、今買ってもよい服が明確であればいいのですが、そうではない場合、買った洋服が無駄になってしまう事はよくあります。

 

大切なお金を使う以上、なるべく失敗しない買い物をしたいですよね!

 

今回は、そんな買ってはいけない洋服の代表的なポイントを3つお伝えします。

 

このポイントを理解していれば、洋服を買う時の失敗を減らす事ができますので、是非参考にしてみてください。

 

 

着るのに条件が付く服

条件付きの服にはいろいろな種類があるのですが、よくあるのは合わせる服を限定してしまうアイテムです。

 

「このボトムスにはこのトップス」といった感じで、合わせることができる服が限定されればされる程コーディネートの幅が狭くなり、結果使いにくいアイテムになってしまうんですね!

 

着まわししにくいアイテムを購入してしまうと、次に新しい洋服を選ぶ時に悩んでしまうので、結局着まわしがしやすいアイテムに合わせて行く事になります。

 

すると、合わせる服を限定してしまう洋服を使うことが無くなってしまうんですね!

 

このような服はどんなに高いものであったとしても、結局着ない事が多いです。

 

「痩せたら着れる」という条件が付く洋服も危険です。

 

買った服をきれいに着る!というのがダイエットを持続させるモチベーションに繋がるという人もいるのですが、確実に痩せられる保証は何処にもありませんし、その服をきれいに着れる頃にはまた新しい洋服が欲しくなっているかもしれません。

 

今すぐに着れる洋服を買わないと後で確実に後悔しますので、いくらデザインが気に入っていたとしても、このような条件付きの服には手を出さない方がいいですね!

 

今の自分のジャストサイズで洋服を購入するようにしましょう。

 

 

目立つ差し色

普段モノトーン系の服装が多い人にありがちなのですが、イメージを変えようと目立つ色の服をトップスやボトムスに選んでしまうというケースです。

 

トップスやボトムスは新しい洋服を買わない限り外で着替える事が難しいので、「何か違う!」と思っても、その日はコーディネートを変えることができません。

 

差し色に挑戦するのであれば、まずはバッグや帽子、ストールやマフラー等の小物に取り入れた方がいいですね。

 

小物であればコーディネート全体に対して色の面積も少なくなるので、余程の事がない限り失敗はしないはずです。

 

ただ、ここで気を付けて頂きたいのは靴です。

靴に差し色を使うとコーディネートの難易度が一気に上がります。

 

靴はパンツ同様、コーディネートの土台になる重要なアイテムですので、なるべくベーシックで使いやすい色の物を選んだ方が後々楽です。

 

ここで派手な色のアイテムを選んでしまうと服に使う色も限定され、色使いを間違えるとちぐはぐな感じになってしまいます。

 

派手なハイテクスニーカーが街着に馴染まないのはこの為なんですね。

 

 

一生ものと言われる服

「一生ものの服」という言葉は、高額な商品を売る時のセールストークに良く使われるのですが、今の時代一生ものの服はほぼ無いと言っても過言ではありません。

 

それは下記の2つの理由からです。

 

ハイテク素材を使っているから。

 

近年の服は昔に比べてストレッチが効いていて着心地が良いものが多くなってきました。

 

特に細身のパンツを穿いたときはその履き心地の良さを実感できるはずです。

 

このような服にはポリウレタンが使われている事が多いのですが、この素材は数年で必ず劣化します。

 

パンツであれば伸縮性が無くなり、型崩れを起こす事があるんですね。

 

どんなにハイブランドの服であったとしても、このようなハイテク素材は使われている事が多いので、高額なアイテムであっても服は消耗品と考えるようにしましょう。

 

ハイテク素材ではなく、高価な天然素材であったとしても一生ものと考えるのはよくないです。

 

カシミヤ等を使用した高価な服はハイテク素材よりもデリケートな面があり、お手入れを怠ると直ぐに駄目になってしまう事があるからです。

 

服を購入する際は、どんなに高価なものでも一生ものと考えず、いつか着なくなる事を想定し、それまでの着用回数と着た時の満足感を基準に考えるようにしましょう!

 

 

歳を重ねるとともに自分の気持ちが変化していくから

 

服に流行があるように、私達の気持ちも移り変わっていきます。

 

「去年は普通に着れたのに今年はシックリ来ない」という事はよくありますし、数年も経てば服の好みはかなり変わるはずです。

 

いくらベーシックなアイテムを揃えていたとしても、流行のシルエットは微妙に変わるので、定期的に新しいものに買い替えていかないと古くさく感じ、着てもテンションが上がらない服になってしまう事があるんですね。

 

装いの持つ力を最大限発揮する為には、その時の自分の気持ちにマッチした洋服を着なければなりません。

 

こう考えると、一生同じ服を着続ける事はかなり難しいのではないでしょうか?

 

高価な服を買う時に、店員さんから「一生ものですよ」と言われてもそのような考えで服を買うのは止めましょう。

 

必ず着なくなる時が来ます。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

買ってはいけない服のポイントは他にもあるのですが、今回は特に気を付けて頂きたいものを3つお伝えしました。

 

こういった知識を入れておくだけでも、新しい洋服を購入する時にかなり役に立ちます。

 

買い物による失敗でお金を無駄にする事も減るので、是非覚えておいてくださいね(*^^*)

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket