ファッションは服よりまず靴にお金をかけよう!

LINEで送る
Pocket

最近は少し肌寒い日もあり、徐々に秋の訪れを感じさせる気候になってきましたね!

 

私個人の感覚としては、今年は夏らしい日が極端に少なかった気がしてます(^-^;

 

もう夏服の出番がほとんど無くなると思うと何だか寂しいですね(笑)

 

現在ショップには秋服の新作が並び、直ぐに売り切れてしまうようないいアイテムを購入するにはベストなタイミングになっています。

 

様々なアイテムがある中で、どうしてもコーディネートで一番目立つアイテムでもあるトップスに目が行きがちですが、ここでまず最初に注目してもらいたいアイテムは靴です。

 

コーディネートの中で靴はとても重要なアイテムです。

 

今回は、何故お金をかけるべきアイテムが靴なのか?

その理由を見ていきましょう!

 

 

コーディネートはまず靴から決める

 

出掛ける前に全身のコーディネートを考えて、家を出る際にその日履いて行く靴を決めるという人が大半だと思いますが、これからはコーディネートを考える前にまず靴から決める事をお勧めします!

 

どんなに完璧なコーディネートだったとしても、靴を間違えてしまうと素敵に見えません。

 

家を出る際は以外と靴をゆっくり選んでいる時間が無かったりしますよね!

 

慌てて選んでしまうと、外出先で「何か違う」というような間違ったチョイスをしてしまう事も。

 

例えば、その日沢山歩くからといってスニーカーにしてみたものの、その日の装いの雰囲気と全然合わないという経験をした事のある人は多いのではないでしょうか?

 

コーディネートを靴から選んで行けば、この様な失敗をグッと減らす事ができるのです。

 

 

大人になったら靴に投資をしよう!

 

まだ20代の若い頃であれば、多少安い靴でも似合ってしまうのですが、30代を過ぎた大人の場合そうはいきません。

 

洋服よりもまず靴に投資をした方が断然素敵になれるんですね!

 

これはビジネスシーンでも同じ事が言えます。

 

スーツよりも靴にお金をかけた方が、周囲からの印象が良くなりますよ!

 

それは何故かと言いますと、靴は見た目や耐久性が価格に比例しやすいからです。

 

安い物はどうしてもそれなりに見えてしまいますので、どんなに装いが完璧でも何処か頼りなく見えてしまう事があるんですね!

 

プライベートやビジネスの場面において、このマイナスなイメージは持たれないようにする事が得策です。

 

特に革靴の場合は、3万円~5万円の価格帯から選ぶのがベストですね!

 

物によってはそれよりも安い値段でそこそこ良い靴もあるのですが、ある程度知識が無いと探すのは困難です。

 

3万円~5万円と聞くと高いと思いますか?

 

実は、この価格帯でも十分元が取れるんです!

 

以前の記事でコストパフォーマンスについて触れましたが、コストパフォーマンスが良いアイテムというのは、決して安いものだけではありません。

 

購入時の価格ではなく、何回使えるかがポイントなんですね!

 

使用時の見映えが良く、自身の気持ちを上げてくれるものであれば、更にコストパフォーマンスに優れたアイテムと言えます。

 

安物の靴は合皮でできていたり、靴底をボンドで張り付けただけだったりと、耐久性が悪い事が多いです。

 

これらの靴をワンシーズンで履き潰して捨てていたり、安いからと何種類も所有していたら数年間で結局数万円の出費になっていたりするのではないでしょうか?

 

靴を何足も持っていると、かかとのリペア代もバカになりませんよね!

 

安い靴を何年も履いているからお金はあまりかからないという人は、自身の靴を良く見てみてください。

 

おそらくかなり痛んでいて、それを履くだけでコーディネート全体が野暮ったく見えてしまっているはずです。

 

やはり大人の装いには清潔感と品が大切です。

 

その為にもまず、上質な靴を揃えておく必要があるんですね!

 

数は必要ありません。

 

大人であれば、ある程度ライフスタイルやファッションのテイストは定まっているはずですので、最初はそこにハマる靴を最低2足用意するだけでも十分です。

 

その2足をお手入れしながら交互に履くだけでもかなり長持ちしますよ!

※普段フォーマルな場面が多い人は休日用の靴を一足プラス

※普段カジュアルな場面が多い人は、フォーマル用に一足プラスしておくと便利です。

 

ちゃんとお手入れされた上質な靴は、履く人を常に魅力的に見せてくれます。

 

これで数年履ければ多少高くても十分元は取れているんですね!

 

 

履きやすいよりも、履き心地が大切

 

靴を購入する際に、脱ぎ履きのしやすさを重視して購入した事はありますか?

 

私は何度かあるのですが、脱ぎ履きのしやすい靴は意外と履き心地が悪く、歩きにくかったりするんですね!

 

勿論長時間は歩けないですし、脱ぎ履きしやすい分、靴の中に無駄な隙間があったりして疲れやすく、靴擦れや内部の痛みが早かったりもしました。

 

ここで学んだ事は、「履きやすい靴」よりも「履き心地が良い靴」を選んだ方がいいという事です。

 

履き心地が良い靴は、履く時は少し面倒ですが、ピタッとしたフィット感があり、履いていて疲れにくく、一日中快適に過ごせるんですね!

 

ものによっては履いている事さえ忘れてしまう事があります。

 

この快適さを知ってから、多少履きにくくても、履き心地が良い靴を選ぶようになりました。

 

靴を脱ぎ履きする数分よりも、履き続けている時間の方が圧倒的に長いはずです。

 

履きやすい靴にも勿論メリットはありますが、もし結局履き心地の良い靴ばかり履いてしまうのであれば、迷わずこちらに投資しましょう!

 

 

靴が装いの品格を底上げする

 

最後にお伝えしたいのがこの考え方です!

 

上質な靴には、装いの品格を底上げするパワーがあります。

 

どんなに完璧なコーディネートであっても、靴が安っぽければ一気に残念な印象になってしまいます。

 

反対に、上質な靴を履いていれば装いにポイントで安価なアイテムを使っていたとしても、靴がコーディネート全体の質を引き上げてくれるんですね!

 

それだけ重要なファッションの土台となる靴は、意外と周囲から見られているものです。

 

特に大人のファッションにおいては、ここを意識しているのとしていないのとでは、かなり差が付いてしまいます。

 

上質な靴は、ちゃんとお手入れをして大事に履いていれば何年も履く事ができるので、多少高くてもコスパのいいアイテムなんですね!

 

ですので、靴選びには妥協をしないでください。

 

この心掛けが、10年後、20年後の素敵に繋がって行くのです。

 

是非、素敵な一足を見付けてみてください(*^^*)

 

 

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket