ファッションを磨くべき理由とは?

LINEで送る
Pocket

ファッションという言葉を聞くと、元々容姿端麗で、センスが良くないと楽しめないというイメージを抱いてしまう事はありませんか?

 

ファッションショーのランウェイを歩くモデルさんも素敵な方ばかりで、自分とは縁の無い華やかな世界に映ってしまうものです。

 

しかし、私はこう考えます。

ファッション=人生を豊かにするもの。

決して大袈裟ではありません。

全ての人がこの効果を実感する事ができます。

 

人は大きく分けると2つの側面があります。

性格や人柄等の内面と

ファッションによる外見です。

 

ギャップのある人はモテると言いますが、それはいい方向に作用した時です。

例えば、強面で近寄りがたい人が実は親しみやすくて優しかった。

派手で遊んでそうな人が、実は凄く真面目で誠実だった。

これらは魅力の1つでもあり、惹き付けられる要素ですよね!

 

このギャップなのですが、全てがいい方向に作用するとは限りません。

 

内面的には真面目で優しく、とても素敵な人なのに、外見的な側面であるファッションがヤボったいのが原因で魅力的に見えない。

 

この様なギャップのある人は驚く程多いです。

 

ファッションが原因で周りからの評価が何となく低い状態。

これは非常に勿体ないです。

 

ファッションで凄くお洒落になる必要は無いのですが、自身の魅力を最大限引き出す装いに変えるだけで、周囲の環境は驚く程変わります。

 

私がファッションを磨く事をお勧めする理由はここにあります!

 

外見という情報は私達の目に一瞬で飛び込んで来ます。

 

内面がどんなに魅力的でも、外見が残念な雰囲気では、肝心な中身を知ってもらう前に勝手なイメージを付けられてしまうものです。

 

そうならない為にも、「ファッションなんてどうでもいい!」

とは言わずに、自身のセルフイメージを高める装いにチャレンジしてみてください。

 

これはビジネスシーンでも同じことが言えます。

 

営業マンが2人いたとしたら

ヨレヨレのスーツを着て、つま先やかかとのすり減ったの靴を履いている営業マンより

ピシッとアイロンがけされたスーツに、ちゃんと手入れをされた靴を履いている人の方が仕事ができるイメージを持たれます。

 

結果的に営業成績にも差が付いてしまうはずです。

 

この様に、たかがファッションと懸念する以前に、とても大切な事があります。

ファッションは自身の価値を正確に伝える為のツールでもあるのです。

内面的に魅力的であればあるほど、外見的なファッションは意識した方がいいです。

ファッションによって、自身の評価を下げてしまうことのないように、日々磨いていきましょう!

 

 

 

 

Twitterフォローはこちらから↓
LINEで送る
Pocket